太るために温野菜はオススメ!冷たい食べ物や飲み物はやめた方が良い理由

こんにちは。管理人のマリエです。

 

 

ヤセ体質の人は消化吸収を助ける酵素が含まれた食べ物がおすすめだそうです。私もよく利用しています。

 

 

酵素を含む食べ物は野菜やフルーツ、発酵食品に良く含まれています。ですがあまり生野菜を摂るのは控えたほうが良い場合もあります。

 

 

その理由も含めて考えていきましょう。

 

野菜は酵素が豊富だけど

 

発酵食品は嫌いな人も多く、健康に良いものイコール生野菜というイメージが多いです。そのため取り入れる人も多いのではないでしょうか?

 

 

しかし生野菜はあまり食べ過ぎると体を冷やします。生野菜だけに限らず、冷たい飲み物も体を冷やしてしまいます。

 

 

私のようなヤセ体質は特に冷え性には気をつけなければなりません。

 

 

また生野菜はカサも多く、一度に多く食べれないというデメリットもあります。生野菜を食べたから健康的という思い込みにつながっていることもありました。

 

 

さらに冷たい飲み物ですが、夏場は美味しいのですが、体を冷やします。そのためできるだけ温かくして飲むようにしています。

 

 

飲み物はコーヒーや緑茶などはホットでも体を冷やす飲み物です。他に栄養を摂取するという目的があるのなら良いのですが、そうでない場合はこれらを避けた方が良いです。

 

 

そしてウーロン茶や生姜湯など、体を温める飲み物を積極的に摂るようにします。

 

冷え性が起こすヤセ体質

 

体が冷えると、当然胃や腸の温度も低くなってしまいます。

 

 

そうなると消化や栄養を吸収する働きが鈍るのです。すると栄養の吸収率が悪くなってしまい、太れないということが起きます。

 

 

また血行が悪くなると、疲れも取れない、むくむなどの症状が出ます。ヤセ体質を悪化させてしまうという他にも健康状態も悪くなります。

 

 

それでなくても筋肉量が少ないのは、血行不良につながりやすい要素でもあります。せっかく筋トレをして血行を促進しても、冷たい食べ物や飲み物ばかりを摂取しているとやせてしまいます。

 

温野菜やスープがおすすめ

 

野菜は生野菜より、温野菜がおすすめだと言いました。しかし一つ疑問点があります。酵素は確か生の状態でないと意味がないのでは?と思う人もいるのではないでしょうか?

 

 

確かに酵素を体内に取り入れようと思ったら、生野菜の方が向いています。何故なら酵素が過熱に弱いからです。野菜は加熱によりいくつかの栄養素が破壊されてしまいます。

 

 

ですが、生野菜は温野菜に比べると栄養の吸収率が悪いのです。生なので消化に時間がかかるのは当然ですね。栄養も生の状態から吸い取るので取りにくいのです。

 

 

どちらにもメリットとデメリットがあるので、例えば冷たい食事のメニューにした場合は温野菜を取り入れます。

 

 

アツアツの主菜がメニューならば、生野菜にするのも構わないと思います。ただし、必ず冷たいものばかりのメニューは体を冷やすので避けましょう。

 

 

また温野菜やスープの良い点はもう一つあって、生野菜よりも圧倒的に量が食べられます。

 

 

食の細い私は特に野菜をボウルにひとつかみでも、かなりお腹がいっぱいになることもあります。その点温野菜なら、生野菜よりもたくさん食べられるので栄養素も摂ることができます。

 

 

生野菜だとレタスやキャベツ、トマトなど決まったメニューになりがちですが、温野菜ならカボチャやイモ類、根菜類どんな野菜でもおいしく食べられるのもメリットです。

 

野菜の酵素はサプリで補える

 

先ほども言いましたが、生野菜を食べてたら肝心のお肉が食べれなくなることがあります。

 

 

ですが、酵素は栄養の吸収を考えたときに摂取しておきたい成分です。温野菜は美味しいけど、それでも酵素も欲しいという良いとこどりがしたいと考えてしまいます。

 

 

そんな時はサプリメントを利用します。お肉をがっつりと食べておきたい時には野菜を控えてサプリで代用する。

 

 

それなら酵素も摂取出来て、食べるものを選びながらという心配もありません。

 

 

また体が冷えがちで、できればスープや温野菜で栄養を摂りたい場合、吸収率を高めるために酵素サプリに助けてもらいます。

 

 

栄養はしっかりと食べ物から摂った方が良いことは分かっています。しかしサポートしてもらうことで、食へのプレッシャーやストレスがなくなるのも良いと思っています。

 

 

もちろん栄養の吸収率を高めるのに酵素を飲んで生野菜を食べるのでも構いません。

 

 

また野菜は熱に強い種類のものもあり、ピーマンやホウレン草などは油と一緒に食べると持っている栄養素の吸収率が上がります。

 

 

酵素だけを考えると、生が一番ですが加熱して栄養の吸収率が上がる野菜もあると覚えておくと良いですね。

 

まとめ

 

酵素はヤセ体質の人には摂っておきたい重要な成分です。しかしあまりそこにこだわって、体を冷やしてしまう食べ方は良くないのです。

 

 

特に生野菜は取り入れやすい健康法でもあるのでそこに目が行きがちです。

 

 

しかし、温野菜やスープにすれば体も温まり他の栄養素の吸収率が高まります。

 

 

それぞれの良いとこどりをして、効率よく栄養を摂取するのが私は良い方法だと思っています。

 

 

>太りたい女性のための太るサプリとプロテイン

プルエル