時々やっていた暴飲暴食にも痩せすぎの原因があった?意外な落とし穴

こんにちは。管理人のマリエです。

 

 

ストレスが溜まってこのイライラをどうにかしたいと暴飲暴食をたまにやることがありました。また食べているのだから太るのは当然と思って堂々と行っていた時期があります。結果やせてしまいました。暴飲暴食とは食べ物や飲み物を栄養やカロリーを気にせずに度を越して食べることですが、結局体を壊すだけで太ることはありません。

 

 

それどころかやせを悪化させる可能性もあるので、できればしないほうが良いのです。食べたり飲んだりが何故やせるのか、それについても気になりますね。

 

お酒を飲んで食べる量が減る

 

暴飲暴食する中にアルコールもよく飲むケースがあります。私もよくストレスがたまると、食べるよりもアルコールを摂取することもありました。アルコール自体はカロリーも糖質も様々ですが、結局飲みすぎることで食べ物が食べれなくなります。

 

 

特に日本酒や甘いお酒はカロリーも糖質も高いので、すぐにお腹がいっぱいになります。ですがそれだけでは摂取カロリーとしては低いのです。つまみを食べていると言っても量にすれば大したことがない量だったりします。

 

 

また焼酎やウイスキーにはほとんど糖質は含まれていませんので、それだと余計に摂取カロリーが足りなくなります。飲み過ぎれば二日酔いにもなります。そうなれば食べ物を食べることもできませんので、余計にカロリーが低くなってしまいます。

 

スナック菓子は酵素を無駄に使う

 

スナック菓子にコーラなどは一見太るようにも思えます。好きで食べる分には問題はありませんが、暴飲暴食となるとこれは別の話になります。しかし、ヤセ体質の人がこれをしても酵素の無駄使いとなり、栄養の吸収率がさがってよりやせてしまうことがあります。

 

 

スナック菓子や甘いチョコなどには添加物がたくさん使われています。酵素は熱にも弱く、このような添加物にも弱いデリケートな成分のため食べれば食べるほど酵素が減ります。結果栄養の吸収率を下げただけで終わるということが起きます。

 

 

スナック菓子以外にも、いわゆるジャンクフードと言われる添加物が含まれたハンバーガーやポテトなどもそれにあたります。太りたいのであれば間食におにぎりなどをたくさん食べる方が太れるのです。

 

胃腸の働きが悪くなる

 

そして何よりもヤセ体質の人が陥りやすいのが、胃腸を壊してしまうことです。いつも同じ量を食べているのに、急に大量の食事をすると胃腸の働きがおかしくなるのは当然のことです。特にやせている人は栄養の吸収率が人よりも低い場合があります。

 

 

そこに食べ物を流し込んでも、通過されて便として排出されるだけです。結果便の量が増えるだけで終わることもあります。また脂っこいものや甘いものばかりを食べれば胃が荒れます。そうすれば元に戻るまで食事が思うようにできなくなります。

 

 

私もたまにやっていましたが、昼に暴飲暴食をしたから夜は当然食べられません。でもこれだけ食べたのだからやせないと思い込んでしまうことがあります。ただし、それでも3食きちんと食べたカロリーと比べると少ないはずです。また栄養が吸収されずに出て行ってしまうので、次の日に体重を計るとやせていることがありました。

 

3食のリズムが狂う

 

先ほども言いましたが、摂取カロリーがトータルで低くなってしまうことが考えられます。暴飲暴食のせいで次の食事ができないのと、お腹が空いていても胃の調子を壊して食べれないようになります。そうなればお腹が空いたまま活動をするので脂肪の分解が進み、よりやせてしまうことも考えられます。

 

 

3食きちんと食べない生活よりも3食きちんと食べたほうが、胃腸の動きが活発になります。そして次の食事の時にしっかり空腹を感じることができます。前の食事の時に暴飲暴食で次が食べられないのであれば、その食生活はやめた方が良いでしょう。量よりもしっかりと回数を増やすことが大切です。

 

 

もし暴飲暴食をしてしまったら、次の食事が大事です。食物繊維や乳酸菌などを摂って、胃や腸内環境を正常な形に取り戻すようにしましょう。もし栄養の吸収率が下がったと感じる場合は胃腸を温めることが先決です。そのため冷たい飲み物ではなく、温かい飲み物を飲むのがおすすめです。そうすると胃腸の働きが今よりも活発になるため、暴飲暴食後の胃をケアしてくれるでしょう。

 

まとめ

 

ヤセ体質の人は胃腸をしっかりと健康的にすることが太るためには大切です。それが暴飲暴食をしてしまうと、栄養の吸収率も悪くなるためやせに拍車がかかることもあります。毎日ではなくても3食のリズムが崩れたり、胃腸の調子がおかしくなったりします。また内臓の働きも悪くなってしまうのでできるだけしないほうが良いでしょう。

 

 

してしまったら、胃腸の動きを取り戻すために冷えには注意し、温かいものを摂取しましょう。あまり暴飲暴食に走らないよう、ストレスをうまく発散できるようにしておくと良いですね。私もストレス発散法を自分でできるようになってからは暴飲暴食が減りました。自分に合った方法を見つけて暴飲暴食を減らしてくださいね。

 

 

>太りたい女性のための太るサプリとプロテイン

プルエル