太ることを念頭においたランニング方法と栄養の取り方

こんにちは。管理人のマリエです。

 

 

私は太るための運動として、ランニングも取り入れました。一見走るとやせてしまうのでは?という意見もあるでしょう。もちろん何も考えずに走るとやせます。

 

 

しかし行った理由は、走ることで得られるメリットもあったからです。

 

 

しっかりとポイントを知ってランニングすれば、ヤセ体質の人でも筋肉をつけて太ることができるので参考にしてください。

 

走るとやせるのでは?

 

基本的には走るとやせます。走ることは有酸素運動ですので、ランニングを行えばかなりカロリーを消費します。また筋肉量を低下させるホルモンが分泌されます。

 

 

マラソンなどで得られる筋肉は赤筋と呼ばれる細身になる筋肉です。筋肉がきちんとついているのにマラソン選手がガリガリに見えるのは赤筋が発達しているからでしょう。

 

 

そのため、サイズアップだけを狙った太る方法としては不向きです。しかし極端にやせている人がランニングをすれば実はメリットの方が大きいのです。

 

 

ランニングと言っても速く走る必要はありません。ゆっくりで良いのです。そしてランニングの他にもサイズアップのための筋トレをしていれば、問題はありません。

 

 

無理な走り込みは必要ないので、長く続けられる方法です。

 

走ることで得られるメリット

 

まずは虚弱体質の改善ができるのが大きいメリットです。心肺機能が高まりますし体力がつきます。それだけではなく代謝の促進やストレスの解消にも役立ちます。

 

 

新陳代謝がよくなればやせるのではと心配もあるかもしれません。ただし消費も少なければ摂取も少ないという省エネの体を目指すのではなく、代謝も多少多くなるがその分しっかりと食べれる体や適度な筋肉が健康に良いのです。

 

 

それが虚弱体質を改善する方法でもあります。

 

 

その他下半身やふくらはぎの筋力増加によって、ポンプの役割をしているふくらはぎが鍛えられます。そうなると血行促進にもつながります。

 

 

人の骨格筋は7割が下半身に集中してあるため、ランニングで筋肉を強化できます。

 

 

空腹感も増し、運動によって消化吸収も良くなるのでメリットは大きいですね。

 

太る走り方

 

ただし走ることでやせるので、しっかりと走り方について覚えておくと良いでしょう。

 

 

先ほども述べましたが全速力や早いスピードで走る必要はありません。そうなると消費カロリーを増やしてしまうだけでなく、交感神経を優位にするのでストレスが多いと胃腸の不調を招いてしまいます。

 

 

ゆっくりと走ることがおすすめです。特に運動を全くしないのであれば、はじめは歩くくらいでも良いですし、たまには自転車でも下半身は鍛えられます。全く運動をしない人が急に運動を毎日やるとなると、それがストレスになることがあります。

 

 

あくまでもリラックスをするための運動と捉えて行うことも重要です。

 

 

ただし、100メートルなどの短距離であれば無酸素運動になります。そのため短い距離を全力疾走するのはヤセ体質には効果的なのです。

 

 

ゆっくりとコースを走った後、最後の100メートルで全速力をするメニューがおすすめです。

 

運動前と運動後にしっかり栄養補給

 

そしてランニングをする前にはしっかりと栄養を補給しておきましょう。

 

 

空腹時に運動をすれば無駄にカロリーを消費してしまいます。エネルギーになりやすいバナナなどを運動前に食べてから体を動かしましょう。

 

 

ヤセ体質の人は動いた分だけ摂取カロリーを意識する、という方法が太る対策になります。

 

 

ダイエットしている人の考え方と同じで、食べないことでやせるのではなく食べた分だけ動く。これの逆バージョンです。

 

 

動かないのではなく、動いた分だけ食べるということが大切です。

 

 

また運動後はしっかりと栄養を補給します。おすすめは筋肉の原料となるタンパク質です。特に体を鍛えた後の数時間はタンパク質の合成が活発になります。

 

 

このタイミングで吸収が良いタイプのプロテインを飲むことをおすすめします。

 

 

プロテインは筋肉を作ることをサポートしてくれるので、おすすめです。

 

 

またランニングで筋肉疲労になったら、しっかりと栄養と休養をとることが大切です。筋肉は休んでいる間にもより強い筋肉に成長します。

 

 

それを超回復と呼んでいます。超回復をさせるためにはしっかりと栄養を摂取しなければなりません。

 

 

運動直後のプロテインに加えて、しっかりとご飯を食べることが大切です。

 

 

あまり根を詰めてやるとオーバーワークになり、せっかくの筋肉がやせてしまいます。

 

まとめ

 

ただ単に走るということだけでも太る走り方があるのですね。

 

 

太りたいなら筋肉をつけながら太るのが大切です。そのためには毎日無理をして走るのではなく、筋肉を休めながら走ることを念頭においてください。

 

 

また回復時にはしっかりと栄養補給と休養が必要です。もちろん走る前にもしっかりとカロリーを補っておきましょう。

 

 

筋肉の成長は睡眠時にも行われます。そのため運動後の他にも睡眠前にプロテインを飲むのがおすすめです。休養と合わせて利用すると良いでしょう。

 

 

>太りたい女性のための太るサプリとプロテイン

プルエル