忙しい朝でも毎日食べられるメニュー

こんにちは。管理人のマリエです。

 

 

朝忙しいこともあり、朝食を抜くことはざらでした。しかし3食きちんと摂っておかないと、総カロリーが少なくなってしまいます。それどころか空腹でカロリーを消費してしまうと、ヤセ体質の人はより脂肪を分解してしまいます。3食きちんと食べて空腹感を正常にすることが大切です。忙しい朝でも食べれるメニューを考えたいと思います。

 

忙しいので簡単さが必要

 

私は共働きなので自分の仕事の準備もあります。それに加えて子供の弁当まで作る日もあります。そのため簡単に摂取できるものでないと続かないと思いました。朝食は寝起きでも食べられるメニューがおすすめです。それに朝から脂っこいものなどでキッチンを汚したくないので、調理しなくても食べられるものがおすすめです。

 

 

我が家ではバナナとヨーグルトや食パン、もしくは牛乳が活躍してくれます。牛乳にはグラノーラやフレークを入れて食べると栄養価も高まります。特にバナナは栄養を素早くエネルギーに変えてくれる働きがあります。それだけでは糖質が足りない場合、100%のオレンジジュースなどがおすすめです。

 

カロリーをしっかりと摂れるメニュー

 

朝食で摂りたいのは栄養もそうですが、カロリーもしっかりと計算しておきたいところです。私の場合は昼食と合わせて900キロカロリーくらいは摂っておきたいので、できれば朝食で300キロカロリーは補っておきたいところです。そのため食パンやシリアルなどの炭水化物を補っていました。

 

 

ご飯が食べたい時は、前の日に残った冷やご飯をだしで炊いて、あまったキャベツやネギ、卵を入れるだけの簡単なおじやも行っています。おじやなら消化吸収にも良いですし、吸収率にも良いメニューです。

 

 

極力まな板なども使いたくないので、キャベツは手でちぎる、ネギはカットねぎを買っておくのも便利です。調理の仕方も工夫するだけで、ご飯メニューもできます。朝から納豆やみそ汁、焼き魚にと考えなくてもカロリーは炭水化物があれば補えます。

 

栄養バランスが良く朝に適したメニュー

 

本当は朝から納豆、みそ汁やご飯など和食のメニューが良いとされています。ですが忙しい朝なので、毎日用意するのは結構大変です。そこで栄養のバランスを考えたときに、朝食のパンなどにプラスすると良いのがゆで卵です。ゆで卵なら一気に湯がけますし、前の日に湯がいておけば朝食べられます。その上栄養のバランスが一気に良くなります。

 

 

生サラダを用意するのは大変でも、ゆで卵とジュースなら増やすこともできますね。卵やパンならスーパーでなくてもコンビニで手に入ります。わざわざ朝食メニューのためにスーパーに行かなければならないということもありません。

 

 

比較的卵も牛乳やジュースも安価で手に入る身近なものなので、メリットも大きいのです。卵はアミノ酸が豊富です。アミノ酸は免疫力アップにもつながる成分ですので、私のような風邪をひきやすいタイプにはもってこいの食材です。他にもビタミン類やカルシウム、鉄分もしっかりバランスよく入っています。

 

辛い時はドリンクでもOK

 

前の日の夜寝るのが遅くなって、朝が辛い時もあります。そうなると朝起きたときに固形物が喉を通らない日もあります。食の細い私のようなタイプだと、朝食べることが辛い時もあるのです。そういう時はドリンクだけでも構いません。牛乳とバナナならミキサーに混ぜてドリンクにしてしまいましょう。片付けの手間は増えますが、食べれないのを放置しておく方が太る対策としては良くないことです。

 

 

今はミキサーがそのままコップになって直接飲めるものもあるので、そういう手軽な料理器具を購入するのも良いでしょう。それだけだと栄養が偏るので、同時に酵素のサプリメントを飲んだり、いつも筋トレの後に飲む太る専用プロテインにすることもあります。その分間食に飲むプロテインを違うもの、例えばおにぎりなどに置き換えるなど対策を行っています。

 

 

栄養の吸収やバランスが気になるのであれば酵素ドリンクを購入しておくのも良いでしょう。特に夜食べすぎると朝辛いことは良くあります。栄養バランスはあまり毎日頑張らず、まずは摂取カロリーの方に目を向けて、総カロリーが摂れる3食を考えると良いでしょう。

 

まとめ

 

私の家では食パンとゆで卵、ヨーグルトやバナナが鉄板メニューとなりつつあります。そこに牛乳と好きなドリンクを足すのが日課になりつつあります。糖質が高く、複数の糖質が一気に摂れるバナナは強い味方です。また白米も太るメニューとして取り入れたいところです。ただし朝食にご飯ができない場合は食パンでも大丈夫です。

 

 

食べれない時はドリンクだけにし、間食の方に白米などを持ってきて置き換えるのがおすすめです。自分の生活スタイルや、その日の体調に合わせて変化させると長続きしやすいと思います。朝食を食べることで胃が活発になります。そのことできちんと昼食もお腹がすくので朝食は太るために重要なのです。

 

 

>太りたい女性のための太るサプリとプロテイン

プルエル