ケーキばかりじゃダメだった?太るための適度な間食選びについて

こんにちは。管理人のマリエです

 

 

1日に2食にすれば太ることができるという話をどこかで聞いたことがあります。お相撲さんが太るために行っている方法がそうです。

 

 

しかし、それをヤセ体質の人がやると必ずやせてしまいます。特に食の細い人は、1食抜いた分を次の食事で補おうと思っても、追い付きません。

 

 

そこで3食きちんと食べたうえで、さらに増やしたいのが間食です。基本的に私も好きなものを食べていますが、より太るのに良いものを考えてみました。

 

太るおやつといえばケーキ

 

美味しくて太りやすいおやつといえばケーキですね。

 

 

私もケーキは好きなのでよく食べます。ケーキ自体も高カロリーで栄養源となりやすいので、運動前や筋トレ前になら食べると良いのです。

 

 

実際にジムに通って体を鍛える人は、事前にケーキを食べる人も多いのだそうです。

 

 

ですが、甘いものなので胸やけを起こしやすく、私は夕食にひびくことがあるのであまりたくさんは食べられません。胃腸が弱い人にとっては、ケーキは間食として重たいと感じる人も多いのではないでしょうか。

 

 

どうしても太るイコール揚げ物や甘いものを連想しがちです。間違ってはいませんが、偏ってしまうと不健康にもなりますし、PCFバランスを考えた食事をしたい人にとっては脂質オーバーにもなりかねません。

 

ケーキばかりじゃ不健康

 

ケーキは炭水化物と脂質のかたまりで、たんぱく質が思うようにとれないのです。たんぱく質も入っていますが少量です。

 

 

私のように筋肉をしっかりと増やしたい人にはケーキだけではバランスが取れません。

 

 

また無添加や健康に良いものだけを使用したケーキなら良いのですが、添加物たっぷりのものであれば不健康になります。太りたいとは言っても、脂肪だけを増やしたいのではないので、ケーキばかりの間食はやめた方が良いでしょう。

 

 

またスナック菓子などの添加物が含まれたものもあまり選ばないほうが良いです。

 

 

添加物が多い食べ物はそれだけ体内の消化酵素を無駄使いしてしまい、ひいては免疫力の低下につながることがあります。

 

 

ただでさえ虚弱体質気味の私は風邪をひきやすいので、無駄な酵素を使用しないというのもポイントでした。

 

ベストは1日2回の間食

 

ではその間食ですが、どのように生活に取り入れれば良いのでしょうか。

 

 

間食は1日に2回は取り入れたいところです。

 

 

時間帯は昼食と夕食の間があくので3時から4時くらいに1回、そしてもう1回は夕食後です。

 

 

できるだけ空腹を感じたらすぐに食べておくと良いと思います。なぜなら私のようなヤセ体質は、空腹時に脂肪をどんどん分解してしまうため空腹時のエネルギー消費を避けたいのです。

 

 

そのため4時間あかないように食べるのが良いです。生活の中でそれをしっかり守るのは難しいかもしれませんが、何か1口でも良いので仕事中にでもつまめる間食を用意しておくと便利です。

 

 

特に夕食後の間食は必ず摂るようにしています。就寝中は食べられないので時間がかなりあいてしまいます。どちらかというと夜の方が量を食べられるので、しっかりと食べるようにしています。

 

どんなものを食べると良い?

 

ケーキも良いですが、それ以外にもしっかりと栄養が摂れる間食がおすすめです。

 

 

中でもナッツ類は脂質、ビタミン、たんぱく質などがバランスよく含まれています。特にアーモンドはビタミンEが含まれているので抗酸化力に長けています。アンチエイジングや整腸作用もあり、高カロリーです。

 

 

仕事で少し残業する際にも、つまんで食べやすいというのもメリットです。家でもそうですが、カバンの中や仕事先のデスクにもきっちりしのばせてあります。

 

 

次にエネルギーになりやすい炭水化物です。あんぱんなどのパンも良いのですが、油分は消化に悪く無駄な酵素を使用してしまうので、できればおにぎりが良いでしょう。寒い季節ならうどんやそばもおすすめです。

 

 

またバナナやヨーグルトも腸内細菌を改善してくれる栄養価の高い食べ物です。おにぎりやうどんなど作るのが面倒な時は、こちらを利用することもあります。

 

 

何も食べたくない時にはプロテインやココアを利用していました。特にココアはストレスを和らげる成分や、食物繊維が豊富に含まれています。また高カロリーなので太るのに良い飲み物です。飲み物も上手く利用すると良いのではないでしょうか。

 

まとめ

 

間食の注意点はあまりお腹が満腹になるまで食べないということです。特に1回目の間食は後に夕食が控えていますので、軽めにした方が良いです。

 

 

寝る前の間食に炭水化物をもってきて、昼の間食にはナッツ類やヨーグルトなどにすると食べやすいでしょう。胃腸が弱い人は少しの量からはじめると辛くありません。

 

 

食べて太ることばかりを意識せず、まずは空腹を避ける、というイメージで食べると良いですね。

 

 

添加物たくさんのジャンクフードばかりを食べていると、健康状態も良くありません。体に良いものや栄養価の高い間食を食べて、健康的に太っていきましょう。

 

 

>太りたい女性のための太るサプリとプロテイン

プルエル