痩せすぎを家族から心配され逆ダイエットを決意した私

管理人のマリエ

 

当サイトへご訪問ありがとうございます。こんにちは、管理人のマリエです^^;

 

痩せていることで悩んでいるなんて、羨ましいと思う女性の方が多いのではないでしょうか?

 

しかし痩せている体質を本気で悩んでいる女性も、実は少なくありません。実際に私がそうです。

 

元から痩せていることを気にしていたのですが、ここ最近痩せていくことに拍車がかかりつつあること。それから子供を出産し、ますます太れなくなってしまった部分がありました。

 

今までも何もしてこなかったわけではなく、高カロリーの摂取など色々と自分なりの対策は取ってきました。

 

その中で私が太ることに本格的に注目したのには理由があります。そこにいたるまでのきっかけなどをお伝えします。

 

子供のころから体型を気にしていた

 

私は今43歳で子供も2人います。次男を出産した時には体重が30キロ台後半まで落ち込みました。

 

ですが出産を機に痩せだしたのではありません。元々子供のころから痩せていました。私の母が痩せていたので、特に気にしなかったのですが第二次成長期で皆が女性らしい体になっていくのに対し、私はそのまま身長だけが伸びていく感じでした。

 

その頃から自分の体形について悩みだしました。今は主人にも出会えて子供も中2と小3になり、健康面で何か問題がある訳ではありません。

 

痩せているのは体質だから仕方ないと半ばあきらめていました。ですがあるきっかけをもとに太りたいと強く思うようになったのです。

 

痩せていることで私が損をしたこと

 

ずっと痩せていることで損というか、嫌な気持ちになってきた部分、実は結構多いのです。

 

例えば女性に悩みを打ち明けられない、という部分です。多くの女性はダイエット経験があるように、痩せている人の気持ちは中々分かってもらえません。ですので周りに理解されない部分が嫌な事でした。

 

それと特に夏場は薄着で歩いていると、人の視線が気になります。水着なんて絶対になることはできません。

 

また服のサイズにも悩みます。子供用では身長が足りず、大人用だとウエストが余る。スキニージーンズはぴたっとするのがかっこよくてもしわができてしまいます。

 

仕事場では上司からちゃんと食べているのか?と聞かれたり、バスの車内では高齢の女性に何か悩みがあるの?と聞かれてしまうこともあります。痩せていることが体の健康面だけでなく、精神的な面も心配されてしまうのです。

 

食事を共にする仲なら、私がちゃんと食べていることを知ってもらえるので体質だと分かってもらえますが、そうではない子供のクラスのお母さん方からの視線も気になっていました。

 

きっかけは出産と家族からの心配

 

私が太りたいと思ったきっかけは家族からの心配の声です。主人は前から私が痩せているのを知っているので大丈夫ですが、問題は子供です。

 

子供に心配をかけている、という申し訳ない気持ちもあります。

 

それから次男から聞いたのですが、先日次男の参観にいった時にお母さん何歳?ということをお友達に言われたそうです。そう、痩せていると老けて見えるのです。

 

ほうれい線のしわだけでなく、首やデコルテのラインにも筋やしわが目立つので子供が気にしていました。あばら骨が出ている程度ならあまり気にしない程度ですが、私の場合は胸の骨も見えてしまっています。

 

これには少し衝撃的でした。それがきっかけとなって太って健康的な体を手に入れてみせる、という気持ちになったのです。

 

子供は男の子ですし、そこまで気にしていませんでしたが、やはりお母さん方の間でも少し私が話題になっていたようです。子供のためとなると頑張れそうな気持になりました。

 

太ったらやりたいことがあった

 

太ることができたらまずは自分の好きな服装を着る、ということです。

 

太っていて悩んでいる方も同じ悩みではないでしょうか?それと同時に痩せている人も、体を心配されたりします。

 

露出の多いノースリーブなどは私も着ることができません。むしろ長袖で過ごしています。

 

また水着はどんなものでも体の線が出ます。今はラッシュガードもありますが、それでも水着のレギンスを履いた足も出すのを躊躇していました。

 

太ればその辺も、そしてバストのあたりも貧相に見えないので、海やプールで周りの目を気にせず家族と思い切り遊べますよ。

 

そして今までは筋肉が全くついておらず、そのため体力も人よりもないので体重が増えたら筋力をつけたいと思っていました。

 

筋力がつけば、最近はやりのボルダリングや登山などを子供と一緒にできます。今は何かスポーツを家族で始めたいと話題は尽きません。

 

自分のコンプレックスが消えるのは、ストレスから解放されて非常に嬉しいです。それだけでも太る意味があると私は思います。

 

太っている人に太ってるねとは言いませんが、逆に痩せている人には気軽に言えてしまうものです。

 

良い意味でしょうが、私もそれで何回か傷ついてきました。

 

ただ全ての人に分かってもらうことはできませんし、それは悩みを持つ人皆がそうです。

 

私もしっかり太る努力をこれからもしていくつもりです。

プルエル