痩せ体質の基礎代謝はどうなっているの?実際に計算してみた

こんにちは。管理人のマリエです。

 

 

基礎代謝がダイエットに関係している、という話をよく聞くのでヤセ体質の私の基礎代謝はどれくらいなのか興味がありました。ダイエットは基礎代謝が低いから上げないとやせられないという話です。それでは私の基礎代謝量は人よりもかなり高いのでは?と思っていました

 

 

ところが結論から言うと、基礎代謝量の高い低いはあまり関係がないのではないでしょうか。確かに新陳代謝が良い悪いで、体の健康への影響というのは考えられます。あくまでも基礎代謝は目安ではありますが、摂取カロリーを計算するには非常に役立つので一度調べてみることにしました。

 

そもそも基礎代謝とは

 

そもそも基礎代謝といってもよく分からないという意見もよく聞かれます。基礎代謝とは生きていくために必要な、最低限のエネルギー代謝量です。例えば何もしていない状態でも人は心臓を動かしたり、血液を運んだり呼吸をしています。その働きをエネルギーに換算するとあなたの体ではこれくらいですよ、という目安です。

 

 

それにいつもの生活や仕事などを合わせたのがトータルのカロリーになります。このトータルのカロリーを消費カロリーと呼んでいて、これが摂取カロリーよりも低いと人は太っていきます。基礎代謝はトータルのカロリーの約6割を占めていますので、ダイエットをしたければ活動代謝よりも基礎代謝をあげましょう、と言われているのです。

 

 

また基礎代謝量は体形などもそうですが、年齢によっても変わり、40歳を過ぎるととたんに下がるそうです。じっとしていても消費されるカロリーは体形や年齢など人によっても変わってくるのですね。確かにそれが高いほうが楽して消費する体ということになります。

 

私の基礎代謝を調べてみた

 

では私の基礎代謝はどうなっていたのか。私は43歳ですので基礎代謝量も低くなっています。計算をする際には年齢や性別も関係しています。性別は男性と女性とでは体の大きさや筋肉量にも違いがあるので、男性の方が基礎代謝は高くなります。

 

 

私は身長が158センチでやせていた時は体重が38キロですので、それで計算すると基礎代謝量は1102キロカロリーという計算になりましたこれはハリスベネディクト方程式という方程式で計算しています。

 

 

それは女性なら9.247×体重kg+3.098×身長cmー4.33×年齢+447.593という何とも難しい公式に当てはめています。多くのサイトで計算してくれるところがあるのでそれを利用すると良いと思います。

 

 

あくまでも目安ですが、30歳から49歳までは平均値が1140ですので、平均値と比べると低いのです。やせているから基礎代謝は高いと思っていたのですが、これは関係がありませんでした。年齢と性別、それに身長と体重しか分からないので筋肉量とかそういったものは省かれています。

 

基礎代謝は筋肉量と関係している?

 

基礎代謝を調べていると、筋肉量と基礎代謝が関係しているという事が分かりました。筋肉が多い人とそうでない人では筋肉が多い人の方が多くのエネルギーを使います。そのため同じ身長体重でも筋肉量の多い人の方が基礎代謝は高くなります。

 

 

私は筋肉がないので、基礎代謝も計算上よりも少ないのではと思っていました。それならば太っていくはずです。実は関係はしていますが、あまり影響するほどではありませんでした。というのも基礎代謝の中でも多くを占めているのは脳を動かすエネルギーと、心臓や肝臓など内臓がほとんどを占めています。

 

 

筋肉は基礎代謝量の中の2割程度しか関係していません。そのため筋肉をつければやせられるというのはあまりあてはまらないかもしれません。もちろん筋肉と脂肪には体積に差があります。同じ1キロでも大きさが違います。そのため見た目に関しては変わるかもしれません。

 

 

筋肉が欲しいと思っていた私には、筋肉をつけてもやせるわけではないことが分かり安心しました。そのため私は筋力アップのためにプロテインを飲みながら筋トレをしています。

 

体重に比例するので高さは関係ない

 

基礎代謝量は体重が増えればそれに比例して高くなります。体の小さい人よりも、大きい体を維持するためなので、増えて当然です。ですが基礎代謝が高いからやせている、もしくは低いから太っているとは一概に言えないということが分かりました。

 

 

実際私の基礎代謝量は平均と比べても低い数値です。もちろん体重がないということもありますが、筋力もありませんのでより低い数値だと考えられます。ですがかなり見た目はやせています。あまり意味のないものなのかと思いますが、そうでもありません。摂取カロリーと消費カロリーのトータルのカロリーを計算するということでは参考になります。

 

まとめ

 

食べることを意識していると、今日はどうだったかと、どうしてもカロリー計算をしたくなります。そうなると、基礎代謝量は必ず計算するときに必要なので、把握しておくのは大事なことです。自分の基礎代謝量を把握したうえで、きちんとカロリーをとって、太る対策をとっていくと良いのではないでしょうか。

 

 

>高カロリー・高タンパクで効率的に太る!

プルエル